一般的な女性のヘッドスピードはドライバーで30前後、35まで出てしまうとレディースクラブでは様々なミスマッチがおきます。LシャフトではなくAシャフトなら・・・重量が軽いでしょう。なら、Rの柔らかめのR2なら・・・規格が男子用なので長いでしょう。となり、女性こそ上手くなればなるほど、合うクラブがなくなってしまうので、フィッティングしながら作っていくしかないと思います
CIMG0035

今回フィッティングした女性のお客様、以前のゼクシオアイアンのLシャフトをお使いなのですが、7アイアンでのヘッドスピードが25前後・・・ドライバーは男性のRシャフトで35くらい出るので違和感が・・・明らかにクラブのミスマッチです。
CIMG0034

レッスンも積極的にされているので、女性としてはクラブの溜めが作れています。手元の剛性が欲しいので、思い切って、ツアーAD65タイプⅡのRを試打。とたんに7アイアンでのヘッドスピードが20台後半に!スイングもシャープになり、クラブコントロールもしやすそうです。球の高さが出て、アイアンらしいグリーンに止まりやすい球質に変化しました。柔らかすぎて軽いシャフトを使っていたので、当てることに精一杯で自分のスイングを封印していたようなものです。
CIMG0037

今回の場合、ヘッドスピードは女性にしては十分にありますので、最近のストロングロフトのヘッドではなく、きっちりとグリーンに止めるのを目的としたスタンダードロフトの三浦技研CB-2007を7-PWで組みたいと思います。また、練習場では何のプレッシャーもなく気持ちよく振れますが、コースではそうはいきません。今教わっているレッスンプロとも相談した結果、1番手柔らかくして、レディースの長さで、グリップは最近のレディースの30g台ではなくて40g台のもにしました。女性らしくソケットもピンクにします
CIMG0038

このクラブでレッスンを受けていけば、上達のスピードは間違いなく速いはずです。すでにヘッドスピードが上がってしまいましたしね!となると、必然的にドライバーのヘッドスピードも上がっていくはずです。アイアンでのレッスンが落ち着いた頃に、ドライバーのフィッテング。その次にアイアンとドライバーの間の距離をどのようにセッティングしていくのかのご相談。

このシーズンオフにレッスンプロと連携しながら、来春のセッティングを煮詰めていきたいと思います。また進捗状況はご報告したいと思います。来年は今年とはレベルの違うゴルフをしていただけるのを楽しみにしています!

お問い合わせはコチラ↓

チップゴルフ
http://chip.golf-hp.com/
TEL:03-6907-0166